佐野印房の歴史

HISTORY

沿革

創業者・佐野守保は、山梨県南巨摩郡楠甫町にて
望月旭洋に師事して印章彫刻の道に入る

昭和7年

1932

荒川区南千住で商いを行う

昭和22年

1947

浅草仲見世通りに出店

初代・佐野守保(左)二代目・佐野忠正(右)
昭和24年頃
二代目・佐野忠正
昭和26年頃
せい(守保の妻)、恵子(長女),二代目・忠正、初代・守保
昭和27年頃

昭和20年

1945

浅草寿町「水晶印篆刻所 佐野」を開く

浅草寿町の店舗「水晶印篆刻所 佐野」
昭和20年頃

昭和24年

1949

現在地(元浅草)七軒町の店舗
昭和24年頃
三代目·敬宏と姉
昭和36年頃

昭和34年

1959

二代目・佐野忠正(初代の弟)が事業を継承

二代目・佐野忠正の作品

昭和52年

1977

有限会社佐野印房設立

佐野印房

平成5年

1993

台東区印章アドバイザー認定店となる

平成17年

2005

メルボルン(豪)「East & West Art」にて作品展

平成15年

2003

栃木県「ノンノンEnglish School」にて作品展

三代目・牧野敬宏(初代店主・佐野守保の孫)は、これまで初代、二代目が培ってきた伝統の技術を受け継ぎつつ、篆刻や文字デザインの世界へと、さらに活動の場を広げています。

三代目·敬宏

平成18年

2006

ケアンズ(豪)「Gallery 53」にて作品展
厚生労働大臣検定印章彫刻一級技能士合格

平成19年

2007

二代目・佐野忠正は「長年にわたり印鑑の彫刻に従事しており、金属や傘の柄など特殊な素材にも刻印できる高い技術を持っている。また後継者育成にも積極的である。」との功績が認められ、平成19年度台東区優秀技能者に選ばれました。

平成27年

2015

絆プロジェクト 参加(復興省の公印彫刻メンバー)

絆プロジェクト
絆プロジェクト 彫刻作業
絆プロジェクト

平成30年

2018

東京都ものづくりマイスターに認定
(学校にはんこ作りとして派遣依頼)

はんこ作りの授業
はんこ作りの授業
はんこ作りの授業

平成23年

2011

TV大阪「和風総本家」出演・取材協力
築地・茶の実倶楽部Space「会」にて作品展

夢らくざプロジェクト 印章彫刻家として参加
今も参加中

夢らくざプロジェクト
夢らくざプロジェクト

平成28年

2016

特大「御朱印」ギネス認定 東松山・箭弓稲荷神社
はんこ職人として参加

特大「御朱印」ギネス認定
特大「御朱印」彫刻作業
特大「御朱印」ギネス認定

令和2年

2020

海外からの取材(彫刻作業)風景 AFP通信等

AFP通信