印材紹介(一例)

象 牙

数ある印章素材の中で最も印材に適しており、粘りと硬度 があり、朱肉の吸着性・耐久性にも優れ、長期にわたり変形、変質することはありません 重量感、上品な光沢と高級感は、素材にこだわる方をも魅了します。
象牙の中でも印鑑の持ち手部分や上を見ると網目があります。
この網目が粗くなればなるほど象牙の端の部分になり比較的、安価です。
当店では、厳選された国内正規在庫品のみを使用しており 環境省・経済産業省発行の認定シールお付けして、お届けいたします。

牛 角(白) 牛 角(黄)

世界の陸地部に、広く生息する陸牛の角を加工した印材で 以前はオランダ領だった東南アジア等から産出されたので、 オランダ水牛と呼ばれてましたが、原産地の誤解を与えるため「牛角」と名称を改名。
適度な硬さを持ち黒水牛よりも粘り気が強く耐久性にも優れてます。
油分にも非常に強く朱肉による侵食はありません。
象牙の次に高級品とされており上質で美しさが特徴です。
淡いグレーがかったものから飴色。
二本と同じ色合いのものはございません。

牛 角(黒)

東南アジア(ベトナム、タイ)に生息する水牛の角(ツノ)です。
天然の素材は、完全に真っ黒ではなくマダラなため漆(うるし)などでキレイに染め磨かれたものです。
当店は、角の中心部で最も堅牢な部分の「芯持ち材」のみを使用しております

本 柘

ツゲ科ツゲ属、主に世界の熱帯地域に生息しています。
黄褐色で極めて緻密。そのため、版木、チェスや将棋の駒、櫛などに利用される 日本では鹿児島(薩摩)産がとても良い材料です。質・硬度・色つやなど最良品です
動物系の印材とは違う温かみをもち、長く親しまれてきた素材です

手彫りゴム印

高熱でゴムを焼き溶かして版板に流し込む鋳造方式と違い、 手彫りゴム印は、ゴムそのものに熱を一切加えないので スタンプインクの吸着性に優れ、鮮明な捺印が得られます。
手書きの判下文字は職人の個性に溢れて味わい深いだけでなく、 文字の間隔も自在に調整できるので、全体のバランスも整います

作品